夏の人気イベント!HANAZONOヒルクライムの見どころ徹底解説

ニセコの夏はサイクリングが熱い!その中でも人気のロードレースがニセコHANAZONOヒルクライム

最大標高差625m、平均勾配4.6%。“ヒル=Hill=丘” + “クライム=Climb=登る”の名の通り、急勾配の上り坂を走りぬく全長16.1kmのタイムトライアルレースです!

2018年は8月5日(日)に開催されます。

 

ニセコHANAZONOヒルクライムの参加者たち

 


 
目次

 

コースの見どころ

2018年HANAZONOヒルクライムのレースコース地図

 

今回で9回目をむかえるニセコHANAZONOヒルクライム

出発点は倶知安町公民館前(標高179m)です。レースの行われる8月5日(日)はちょうど知安町の夏まつり、じゃが祭りの日。スタートの合図とともに選手たちは華やかに飾り付けられた倶知安町のメインストリート、駅前通りをウォーミングアップもかねてパレード走行します。

 

HANAZONOヒルクライムスタート地点の様子

 

そして倶知安農業高校正門前から本当のレースがスタート!タイム計測開始です!

ちなみに第一回大会は公民館前のスタート地点からタイムを計測していたそうで、公式サイトの大会記録を見ると、第二回大会では全体的にタイムが早くなっているのがわかります。

また、2012年に行われた第3回大会より、より公平なタイム計測のため、個人ネットタイム方式が採用されています。各選手が倶知安農業高校正門前を通過した時点からゴールするまでのタイムを個別に計測し、その実測タイムで順位を決定するので、必ずしもゴールについた順位と実際の順位が同じになるとは限らないのが面白いところです。

 

花園ヒルクライムの参加者と羊蹄山

 

農業高校前通過から1時間ほどは幅の広いなだらかな道が続きます。ぜひレースと一緒に山に囲まれたニセコの雄大な風景も楽しんでください!

 

九十九坂を上るHANAZONOヒルクライムの参加者たち

 

さて、ゴールまであと残すところ2kmとなるワイスゲート。ここからが本当のヒルクライムの始まりです!まず道幅が1車線になり、急こう配の九十九坂に入ります。後半に行けば行くほど勾配がきつくなるので、レースの鍵はペース配分の妙にかかっています。毎年手に汗握るすばらしいデッドヒートが繰り広げられるこの坂道。ニセコHANAZONOヒルクライムの公式ウェブサイトでは2016年大会の上位選手2名による名勝負のビデオが見られます。(約3分45秒前後時点から)

ゴールは倶知安町とニセコ町の町境、五色温泉のそばです。標高は796m。最後の上り坂は本当に大変ですが、その分ゴールした時の達成感はひとしお!

 

花園ヒルクライム表彰式

 

レース当日は道道58号線の旭丘公園からゴール地点までが車両通行止めになるので、車を気にせずレースに集中できるのも嬉しいですね。

スタート地点で選手たちを見送った後にゴール地点で待ちたい方は、ニセコ町を通ってパノラマラインを使えばゴール地点まで先回りできます。駐車スペースなどの詳細は、公式サイトのこちらのページをご覧ください。

 

カテゴリーと参加者

2018年度のニセコHANAZONOヒルクライムの参加者カテゴリーは以下のとおりです。

2018年度ニセコ花園ヒルクライムのカテゴリー

 

259名の参加者から始まったニセコHANAZONOヒルクライム。昨年の第8回大会は650名を超える選手が参加しました。今年の参加申し込みは7月4日締め切りです。お申し込みはこちらからどうぞ!

 

宿泊情報

ニセコ周辺の宿泊施設ではニセコHANAZONOヒルクライム大会に合わせて、レース参加者やサポーターのためのお得な宿泊プランが用意されています。詳細は公式ウェブサイトのこちらのページをチェックしてみてください。

 

 

サイクリストヨガ

また、ヒルクライムレース前日の8月4日(土)には、サイクリストヨガが開催されます。講師である大宅陽子さんはご自身も実力派のサイクリスト。ヒルクライム優勝経験者でもあります。会場となるAspectはニセコきってのラグジュアリーなコンドミニアム。

ぜひサイクリストヨガで体調を整え、最高のコンディションでレースに臨んでください!

 

  • 日時:8月4日 土曜日 15:30~16:30 (15:10受付開始) ソフトドリンク付
  • 講師:大宅陽子
  • 場所:Vacation Niseko “Aspect” 屋上または室内
  • 定員:18名 要予約 *下記予約フォームからお申し込みください
  • 予約受付期間:8月3日まで *定員に到達次第締め切り
  • 参加費:大会参加者特別料金 500円 ・一般参加1500円

 

お申し込み・お問い合わせ

 

 

その他のニセコエリアのサイクリングイベント

2018年7月7日 ニセコ羊蹄山一周ファンライド

レースではなく、サイクリングの楽しさを再発見するために企画されたイベント。自転車を愛する幅広い年齢層の参加者たちが、景色を楽しみながら勝ち負けを気にせず個々のペースで走る全長81kmのロングライド。

 

2018年7月7日&8日 UCIニセコクラシック

UCI(国際自転車競技連合)の傘下にある公認市民ロードレースです。3.2kmのタイムトライアルレースと、140kmと70kmの二つのロードレースがあります。

 

2018年7月15日 ストライダーエンジョイカップ ニセコステージ

ペダルのない自転車「ストライダー」に乗ったちびっ子ライダーたちが疾走するキッズ向けレース。札幌や道外からも参加者が集まるファミリーにとても人気のあるイベントです。

 

関連記事